スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしのて


長崎にある童話館から毎月絵本の配本を受けています。
こちらは絵本の出版もしているので地味だけども、味わい深い作品が送られてきます。
もちろん誰もが知っているようなメジャーな絵本もラインナップしてありますが
多分私だったら買わないかも、なんてのが送られてくるのが楽しいです。


で、まあ読み聞かせなんてものも、やったりしてるわけです、私でも(笑)

これもそんな地味~な絵本なんですが。

080402 012



絵を描いたり、音を鳴らしたりと「て」で出来るいろんなことが描かれています。

そして最後のページ。


080402 013



毎回ここでジンときちゃって、なんか鼻がツーンとしちゃうパブロフ犬な私

わたしのて
スポンサーサイト

| *** a day in my life ***ホーム |

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

すてきな絵本ですね~。

童話館、パートにでる予定だったのです。
採用が決まった後、主人が転勤になるかもいいだし、泣く泣くあきらめました。

新居、図書室があるのですね~。
わたしも家を建てるなら、本の部屋をつくりたいというのが夢です。
まんなかにソファーがあって、大きな窓があって、周りは本で囲まれていて、寝っ転がって手を伸ばせば本が届く・・・そんな部屋。

インテリア雑誌とかみるとかならず、本はどうしているのだろうと思うのですが、なかなかそこは写ってなくて。
本と暮らす特集ってのも日本の雑誌はあんまりないような気がします。わたしが知らないだけかな。

riemyさんの図書室の完成をわたしも楽しみにしています♪

★rimiさん
童話館、職場としてもすごく魅力的&興味深いところですね。
ちょっと(すごく?)もったいないような気が私もしますi-183
図書室はまさにrimiさんが書いていらっしゃるようなイメージで
作ってみたのです。
本棚は作り付けにしたので、引っ越してから椅子やテーブルをじっくり選ぼうと思っています♪

>本と暮らす特集ってのも日本の雑誌はあんまりないような気がします。
そうですね。
あったとしても作家さんやジャーナリストさんの部屋など、職業柄蔵書が多そうな家の特集くらいしか見ないような気がします。

我が家ではリビングより図書室で過ごすことが多い、という
イメージで家を設計したので、居心地のいい部屋になればいいなと思っていますv


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://onbunidakko.blog64.fc2.com/tb.php/175-86e70e83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。