スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07/02/23の保育園日記


ムスメたちの保育園通いも3ヶ月になろうとしています。
当初は保育園が見える交差点に差し掛かったところで
既に半ベソ、お部屋に入ると私にしがみついて号泣
という、親子ともどもツラい愁嘆場を繰り返して
いたわけですが・・・

ようやく最近、そういった場面も減ってきました。
割とあっさりお友達や先生の輪に入っていってるんですね、コレが。
昨日、tuduに至っては「バイバイ」と手を振っている
ではないですか
ハハとしては嬉しいやら淋しいやら・・・
いやー、確実にコドモたちは成長してます。

先日、tuduが熱を出したとの連絡を受けて早めに迎えに行きました。
先生曰く、私が部屋に入る直前までpayaがtuduの手を握っていた
そうなのです。
1歳9ヶ月(もうじき)のチビっ子にも、こんな優しさが芽ばえているんですね
わが子のことながら、ちょっと目頭が熱くなりました

家ではオモチャを取り合ったり、髪の毛引っ張り合ったり・・・なんて
姿ばっかり見てますので・・・



で、今日はpayaが熱っぽかったのでtuduだけを登園させたのですが・・・
家から保育園まで大人の足で5分くらいなので、こういう時は助かります。
payaにNHKの子ども番組を見せておいて、速攻でtuduを保育園へ。

昨日はな状態だったのに、今日はダメダメ・・・
一人にされるのはまだ落ち着かないようです。


抱きついて離れないtuduをなんとかはがして(笑)、家に戻ると・・・
保育園用のコートを握り締めてpayaが大号泣中

どちらの姿も切なかった・・・!


やっぱり双子は揃っていなくちゃ、ですかね?





スポンサーサイト

| *** a day in my life ***ホーム |

コメント

保育所に通わすと時々切なくなる瞬間がありますよね。
長男は11ヶ月から預かってもらったのですが毎日お迎えに
滑り込んで行くと窓にへばりついているんです。
ママの車が入ってくるのをずーーと探していたんですよね。
私の仕事の関係で保育所の中でもお迎えは最後から数えた
ほうが断然早かったのでまばらになる子供たち、お迎えに来る
他のママたちを見て寂しかったんだろうと思います。

そう思うと双子ちゃんたちは少しだけ心強いのかなぁ☆
決して寂しくないってことはないんだと思うけれど握る手が
あると言うのはいいですよね。そうやってお互いを助け合える
双子ちゃんの関係って素敵ですね。
payaちゃんとtuduちゃんみたいにお互いを思いやれる優しさを
我が家の二人も持ってほしいなぁって思いますvv

二人とも泣いちゃったんですね。確かにせつないかも。
うちは、双子の一人が熱のときも、熱の方をおんぶして
保育園へ行って、双子の一人と、お姉ちゃんを登園させる
のですが、そうすると、おんぶして、おりれないまま
保育園の門をでると、かならず背中で泣きます。
(そんなに行きたいのか?って感じですよね)
二人休ませると、熱のも寝ないし、悩んじゃいます。

★すまさん
お返事おそくなってごめんなさい!

ウチの双子、家ではオモチャ取り合いやら、髪の毛の引っ張りあいやら、保育所の連絡ノートに書いてあることが「ホントかいな」ってカンジなんですがv-394

家とは違って保育所ではチビっ子なりに緊張して過ごしているのだと思います。
そんなときはやっぱり、“いつもの相手”がいると心強くもあり安心もするんでしょうね。
“双子の関係”ってきっと親である私も知ることができない(経験したことないですものねv-410)世界なんだろうなあ。

★zazaさん
こちらにもコメントありがとうございます!

ウチはまだ姉妹でいるよりも、親と一対一の関係の方がいいみたいです。
いずれにせよ、二人同時に病気っていうのもタイヘンですが
双子って時間差で病気になってくれるので(苦笑)これもまた
親としてはてんやわんやですよね・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://onbunidakko.blog64.fc2.com/tb.php/101-4b2bae74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。